3COINS(スリーコインズ) マグネットワイヤレスチャージャー レビュー/MagSafeに対応して2,200円は破格
3COINS(スリーコインズ) マグネットワイヤレスチャージャー レビュー/MagSafeに対応して2,200円は破格
  • 3coins magnet wireless charger 9
  • 3coins magnet wireless charger 19
  • 3coins magnet wireless charger 18
  • 3coins magnet wireless charger 24

iPhoneとApple Watchをセットで使っている方も多いと思いますが、充電する際にそれぞれケーブルを用意するのって面倒ですよね…

そんな煩わしさを解消してくれるのが、「2 in 1」とか「3 in 1」の様な名前が付いており、複数のデバイスを同時に充電できるワイヤレス充電器。有名な所で言うと、ベルキンの『3-in-1 Wireless Charging Stand』やアンカーの『マグネット式3-in-1 ワイヤレス充電ステーション』辺りでしょうか。

これらは「MagSafe」を利用しワイヤレスで充電出来るので、すごく便利なのですが、なにぶん価格が高めなのがネック。

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャー

そんな中、3COINS(スリコ)から、iPhoneとApple Watchを同時に充電出来るワイヤレスチャージャーが発売されました。

なんと価格は驚きの税込2,200円。MagSafeに対応したワイヤレス充電器としては破格と言える本製品を購入してみましたので、本当に使えるのかどうかを検証していきます。

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャーとは?

『マグネットワイヤレスチャージャー』とは、iPhoneとApple Watchを同時に充電できる充電器。

”マグネット”と名が付いている通り、iPhone12シリーズ以降に搭載されているMagSafeに対応しており、磁力の力で固定し、iPhoneを充電できます。

また、同時にApple Watchも充電可能。

Apple製品で持ち物を統一している方にとっては便利なワイヤレス充電器と言えます。

スペック

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャー
出力[ iPhone ]
5W/7.5W/10W/15W

[ Apple Watch ]
3W
入力5V⎓3A / 9V⎓2A
カラーパープル / ベージュ
サイズ約15.5×12×9.5cm
重量約120g
価格2,200円(税込)

スペックは上記の通り。

2,200円という価格ながらも、iPhoneの方は最大15WとApple純正MagSafe充電器と遜色ないスペックを持っています。

一方Apple Watchの方は最大3Wとなっており、急速充電には非対応です

パッケージの内容

『マグネットワイヤレスチャージャー』を開封して、パッケージ内容や本体外観・サイズ感を見ていきます。

パッケージは、最近のスリコでお馴染みとなったデザイン。

柔らかく、おしゃれな印象を受けるデザインです。

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャーのパッケージ内容
3COINS マグネットワイヤレスチャージャーのパッケージ内容
  • マグネットワイヤレスチャージャー 本体 ×1
  • USB-A to Cケーブル ×1
  • 取扱説明書兼保証書

パッケージ内容は上記の通り。

付属の取扱説明書はイラスト付きで分かりやすい

付属する取扱説明書は、イラスト付きで分かりやすい印象。

付属するUSBケーブル

付属するUSB-A to Cケーブル。長さは90cmほどで、基本的にはこの付属ケーブルを使うようにという注意書きがあります。

本体外観・サイズ感

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャーの本体デザイン

本体はこの様に装飾などが何もない非常にシンプルなデザイン。

左型がiPhone用、右側がApple Watch用となっています。

色合いも柔らかで、パッと見た感じのデザインは良い

遠くから見た時のデザインは、なかなか良いですね。

色味も最近のスリコが好きな、彩度低めの落ち着いたくすみカラーなので、女性にも好まれそうな感じがします。

角度調整はできない

横から見た様子。

iPhone、Apple Watch共に傾斜が付けられていますが、この角度を調整することは出来ません。

金属では無いので、質感が安っぽい

マグネット式の充電部分を支える棒は、光沢がありますが金属ではありません。

そのため、本体は非常に軽いというメリットはありますが、正直質感はかなり安っぽいですね。

接合部分も、なんかそのうち取れそう…。

本体裏面のUSB-Cポート

本体背面にはUSB-Cポートがあり、ここにUSBケーブルを繋げます。

本体底面

本体底面は、滑り止めのゴム足が四隅に付いており、中央には仕様が書かれています。

500mlペットボトルとの高さ比較

500mlペットボトルとの高さ比較。

高さは約9.5cmとペットボトルの半分程度。

重量は実測で116gと非常に軽量

重量は実測で116g

かなり軽量で、実際手に持ってみても軽いなぁ…と感じるほど。

ちょっと安定性には不安が残ります。

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャーの使用レビュー

『マグネットワイヤレスチャージャー』を使い、使用感や充電性能をチェックしていきます。

USB充電アダプタと繋げた様子

本製品にはUSB充電アダプタは付属していないので、別途用意する必要があります。

3COINSでも『急速充電対応ACアダプター』というUSB電源アダプタが販売されているので、持ってない方は一緒に購入しておくと良いと思います。

iPhoneを載せた様子

iPhoneを載せてみた様子。

しっかりと充電できているのがわかります。

磁力の力でピタッとくっつくので、ワイヤレス充電器にありがちな、微妙に位置がズレていて充電できていなかったという問題が無く、使い勝手は非常に良好です。

充電中はLEDが青く光る

充電出来ている場合、本体下部にあるLEDが青く光ります。

iPhoneとApple Watchを同時に充電

iPhoneとApple Watchを同時に充電した様子。

両方ともちゃんと充電を認識しており、2台同時も問題無さそう。

やはりMagSafeは使い勝手が良い

ケーブル不要で充電できるのが良い

普段使っているデスクに置いてみました。

いつも作業をしている時、iPhoneは適当にデスクの上に置いてあり、バッテリーが無くなりそうになったらライトニングケーブルを繋げて充電していたのですが、やっぱワイヤレス充電器あると良いですね。

ケーブル不要という点も良いですが、”iPhoneの定位置”がしっかりと決まるというのもメリット。

iPhoneを横向きにしても大丈夫

iPhone本体を横向きにしても問題なく充電可能。

今年秋に出る予定の「iOS 17」からは横向き時に、大きく時計やカレンダーを表示してくれる「スタンバイ」機能が使えるようになります。

iOS 17で提供される「スタンバイ」機能
引用:Apple公式サイト

この「スタンバイ」機能の為に、『マグネットワイヤレスチャージャー』のようなMagSafe対応のワイヤレス充電器を用意しておくのも良さそうです。

本体が軽すぎるので安定性に欠ける

充電器本体が軽いので持ち上がっちゃう

本製品は重量が約120gと非常に軽いため、安定性には欠けます。

充電しているiPhoneを取ろうとすると、充電器本体がズレたり、すぐに持ち上がってしまうのは、ちょっと使いづらさを感じます。

スリコのデバイスバンドは非対応

スリコのデバイスバンドには非対応
スリコのデバイスバンドは非対応

『マグネットワイヤレスチャージャー』と同時に販売されたスリコのデバイスバンドは非対応なので、本製品で充電することは出来ません。

これ、結構期待した方も多いのではないかと思うのですが、あくまで本製品が対応しているのは、Apple Watchのみという点には注意が必要です。

デバイスバンドの充電端子
充電端子が全然違うので、ワイヤレス充電は出来ない

まぁこれはデバイスバンド側の問題とも言えますが、せっかく同時に発売したのだったら、そこは連携してくれれば良いのになと思ったりします。

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャーのレビューまとめ

スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャー

総合評価

(4)
スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャー の良い点
  • MagSafeに対応しており、最大15Wの出力が可能
  • iPhone、Apple Watch2台同時に充電できる
  • 税込2,200円という驚きの価格
スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャー のイマイチな点
  • 質感が安っぽくチープな印象
  • 本体が軽く安定性に欠ける
  • Apple Watch側は急速充電に対応しておらず、充電に時間がかかる
  • スリコのデバイスバンドは非対応

『スリーコインズ マグネットワイヤレスチャージャー』は、MagSafeに対応し、iPhoneとApple Watchを同時に充電できるワイヤレス充電器。

MagSafeに対応したiPhone 12シリーズ以降のiPhoneを持っている方なら、ワイヤレス充電器でありがちな、位置ズレの心配をすること無く、的確に位置合わせができ、最大15Wの高速な充電が可能です。

質感が安っぽくチープな事に加え、本体が軽くて安定性に欠ける、Apple Watch側が急速充電に対応していないなど、明確なデメリットもありますが、何と言っても2,200円で購入できる価格は魅力的。

今後の「iOS 17」に備えて、安価にワイヤレス充電環境を構築したい場合、十分に検討する価値はあると思います。

AUTHOR

プロフィール画像

ぶっち

Webデザイナー兼ブロガー
白い”モノ”を中心に、ガジェットや家電、デスク周りのアイテムなどをレビューしています。

バリューコマース メディアアワード 2021下期 新人賞1位 / 2022下期 ファッション・アクセサリー賞 受賞 | Picky'sの記事監修も行っています | Apple好き・ムジラー | 2児のパパ

COMMENT

お名前
コメント